fc2ブログ

2012/5/1

GOLDはロングサイド銘柄で聞いたと思ったが、
聞き間違えたかも知れない。仮に合っていたとしても
上に200MAがあるので他に3つ銘柄があるなら無理に
入らないような優先順位をつけれるようにしたい。

36分候補 5つ
51-33.jpg
36分エントリー 4つ
51-36.jpg
赤字だからといって単純に脱出すると
こうなってしまう、入れ替えるか
無いならホールドしていかないといけない
51-39b.jpg


追加銘柄 39分候補
51wfm.jpg
39分 エントリー
51wfm2.jpg


36分の候補選択でのいつも弾いているタイプの
形だが似ているようでも1分足で見ると
ずいぶん内容が違う。
51bwld3.jpg
51shld3.jpg

こちらが1分足。
51bwld1.jpg
こっちにはまだまだ入る余地があるように見える。
51shld1.jpg








スポンサーサイト



2012/5/2

36分に入れず、その後入る機会が中々無く
殆どトレードできなかった。
クアトロも少なかったので、思い切って入れなかった。
52.jpg

52-33.jpg
36分候補はたくさんあった

52-36.jpg
パッと目についたのは3つ。
しかし、それぞれの理由により決断できず時間切れ。

52-39.jpg
結果としては、3つ全て伸びた。










2012/5/3


53.jpg

53-33.jpg
候補は5つ

53-36.jpg
5つの中からWFM,ADSKに入る。
AGNCを見逃してしまっていた。

53-39.jpg
WFMは形としてはまだ持っていたかったが
マイナスが大きくなってしまい判定前に脱出。

5/1の検証で発見したエントリーを試してみた。
マイナスになってしまったが手ごたえを感じられた。
53wfm3.jpg

53wfm1.jpg









2012/5/4

自宅でのリアルティックの不具合が良くならない。
時間が経つほど更新の止まるチャートが増えるようだ。
なので前半までで終わりました。
54.jpg



54-33.jpg
候補はたくさんあった。

54-36.jpg
候補がたくさんあったが2つしか入れなかった。
なので課題としては×
これだけあれば3から4つは入らないと。
候補と決めたならエントリーの時に
あれこれ考えるのを止めないと時間が足りず
少なくなってしまう。これが原因になっている。

54-39.jpg









2012/5/7

オープニングはチャートの不具合がいくつか見られたので
回避しました。
57.jpg


57-33.jpg
入り易そうな候補がいくつかあった。
INFYが第一候補だった。






2012/5/8


58.jpg

58-33.jpg
CTSHのように進行方向に200MAがあると入りにくい。
全体的にショートサイド優勢だったのでショートに
候補をしぼった。

58-36.jpg
ORLY,ADSK,LRCXにエントリー
もう少し入りたい銘柄があったが時間が足りず。
もっと作業効率の工夫が必要だ。

58-39.jpg
同時とナローが出たLRCXとADSKを脱出。
入れ替える銘柄も見つからなかった。






2012/5/9

今回の大敗の1番の原因は、脱出の基準をやっている
最中に変えた事。早めの利益確定&カットロスで成績が上向き
始めていたのに、オープニングがマイナスになった事で、
こういう時は出たり入ったりしない方が良い、と脱出の基準を
途中で勝手に変え、マイナスが余計に膨らみパニックに陥った。
後半はもうパニックになっていたので、後で説明のできないような
脱出入を繰り返した。

このようなパニックにならない、利益を伸ばし赤字を小さくする為に。

・オープニングユニットがマイナスになる場合。
    → 一旦撤退しノーポジションにする。
・エントリー&脱出の基準を統一し状況によって変えない。
    → 早めの利益確定(ある程度の長さの同色3本)&カットロス。
・再エントリーをチャンスが来たら恐れず臨む。

この三原則を守って、ある意味これだけを頭にいれトレーニングに臨む。

59.jpg




59-33.jpg


59-36.jpg
この時点でルール違反だらけで負けるべくして大敗している。

59-39.jpg



59-fosl.jpg
いつもの基準なら黄色の矢印の所で、
同色3本+300↑で利益確定させているが
こういう日は頻繁な脱出入は良くないと
勝手に判断し基準を変え赤矢印まで出なかった。





2012/5/10

この3つが守れたか。
1・オープニングユニットがマイナスになる場合。
   → 一旦撤退しノーポジションにする。
2・エントリー&脱出の基準を統一し状況によって変えない。
   → 早めの利益確定(ある程度の長さの同色3本)&カットロス。
3・再エントリーをチャンスが来たら恐れず臨む。

510.jpg


510-33.jpg
この日はあまり候補を立てられなかった。

510-36.jpg
WFM、ROSTともに早めにカットロスできている。

510ntap.jpg


510qcor.jpg
今回のトレードでQCORだけルール2を守れなかった。



2012/5/11

隣のY氏に以前の僕のトレードと、今のトレードの違いを
教えてもらった。自分のトレードよく見てくれている、知ってくれている
トレード仲間の存在はとてもありがたいものです。
この週末中に、この違いについて過去のデータとつき合わせて(こう
いう時にチャートなどの記録があるのはいいですね)、来週のトレ
ードで以前のトレードを再現できるようにしたい。
511.jpg

511-33.jpg


511-36.jpg


511-39.jpg
これを見ると42分の候補探しの時に、きちんと見ていなかった
事が分かる。


3・再エントリーをチャンスが来たら恐れず臨む
今回は最後10時18分の候補に何もしなかった、とにかく
ボタンを機械的に押せるようにしていく。

2012/5/14

3・再エントリーをチャンスが来たら恐れず臨む
これが今1番の課題だが、中盤まではできているのだけれど
やはり終盤ではまだできていない。心理的なものなので
一度成功体験を得れば変われると思うので、チャンスが来れば
機械的に押すのみ。

514.jpg


514-33.jpg
見逃しは無いように思う

514-36.jpg
見逃しは無いように思うが、ONXXは長かった。

514-39.jpg
早めの脱出できているのでOK









2012/5/15


515.jpg


515-33.jpg
候補は6つ

515-36.jpg
候補は6つあったが決断できたのはVRTXのみに
なったので、単発エントリーを避けた。

例えばAMZNは1分足で陽線続いており
ローバンドまでの距離もありリスキーと判断
515amzn.jpg

CTSHは1分足の形があまり良くなかったのでこれも回避
515ctsh.jpg


515-39.jpg
42分候補は3つあったが、不安定な先物に怖気づいてしまった。

このエントリーにしても、終盤のエントリーにしても
心理面でエントリーできていない。
技術面の問題ではないので、なかなか改善できず
本当に悩みどころ。
1度の成功体験でガラっと変わる可能性が大きいので
なんとしてもボタンを押せるようにしないと。




2012/5/16

36分こそいつものようにエントリーに躊躇したが
中盤以降は立てた候補には、ほとんどエントリー
できたし、結果負けなかった事は次回からの自信
に繋がるだろうと思う。
516.jpg


516-33.jpg
候補は3つ

516-36.jpg
3つ中1つしか押せていなかった。

516-39.jpg
今回は脱出の精度がイマイチだったが、これはエントリーに
自信が無いために早く出ようとしてしまうからで、今回のよ
うにエントリーしていけば脱出に関しても精度が上がってい
くだろうと思う。



2012/5/17


517.jpg


517-33.jpg
候補は2つ

517-36.jpg
FASTはギャップがつきすぎたので回避

517-39.jpg
やはりまだ押せない時があるが、全体的に見れば
だいぶ押せるようになってきたように思う。

今はひとまず挙げた候補に問題なければエントリーする事が
第一の目標。




2012/5/22

前回緑矢印で脱出してしまった。本来なら青矢印で出るべきで、
先週までの課題であったエントリーへの恐怖心は殆ど克服できて
きたので、今週は脱出を機械的に出られるようにする。

WS000089.jpg


WS000093.jpg








2012/5/22


522.jpg

522-36.jpg
エントリー時にバタバタしていたため
あまり良いエントリーではなかった。

522-39.jpg
こういう脱出を今週中に直していく

522-42.jpg






04 | 2012/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

traden

Author:traden
トレードトレーニング日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR